車査定博士 | 中古車を一括買取査定・売却。

中古車を一括買取査定・売却するなら、「中古車一括見積り、査定サイト」を利用しましょう。ご自身の車を複数の業者の中で一番高い値段で買い取ってくれます!

車買取と下取りのメリット・デメリットとは?

基礎知識 更新日:

今回は車の買取と下取りの違いについて、基本的なところから説明していこうと思います。

車の買取とは、買取専門の業者さんや中古車販売店に自分の売りたい車を査定してもらって、直接的に車を現金化して受け取る方法のことを指します。

次に乗る車や、どう言ったメーカーの車に乗っているとかは関係なく純粋に時価や車の状態での判断で、現金の見積もりが出るため一般的な話では金額を重視するのであれば買取の方が良いとされています。

一方、車の下取りなのですが、新たに新車や中古車を購入するときにその購入する販売店が今まで乗っていた不要になった車を引き取ってくれるという形のことを指します。

その販売店やディーラーと同じメーカーの車種であれば価格が上乗せされることがあることや、販売店で買う新車の購入資金に直接的に充てることができ、現金の持ち出しが少なくて済みます。

一昔前は、車の一括査定サイトなどは存在せずに、車は買い替え時に下取りに出すことが一般的でした。

基本的な車の買取と、車の下取りの違いがわかったところで、今度はそれぞれのメリットとデメリットをまとめてみたいと思います。

車買取のメリットって?

とにかく車買取のメリットとして一番に挙げることができるのは、その買取額の高さになります。
複数社の買取業者から相見積もりをもらうことで、ほぼ確実に下取り価格よりも高く売ることが出来ます。

最近では一括査定のサイトも充実してきているため、複数の買取業者から見積もりをもらうのにそれほど時間もかかりませんし、メーカーや車種によっての評価のポイントが業界でしっかりと固まっているため、納得のいく査定になりやすいです。

それに下取りに比べて、どんなディーラーオプションやどこのメーカーオプションでも査定に組み込めるので、やはり買取価格は伸びやすいでしょう。

一括査定サイトなどでは、メールや電話での交渉が進むと実際に買取業者の営業さんが出向いてくれて実車査定を行ってくれるのですが、代行費用や査定費用などもかからないのは嬉しいポイントでもあります。

車買取のデメリットって?

その買取価格の高さで人気の車の買取ですが、実際にしてみるとわかるのですが下取りに比べて自分で売却先を探して選定しなくてはならないので、比べると大きく手間と時間がかかってきます。

それと、交渉になった際にある程度知識やハッタリが効かないと、買取業者の営業さんにいいように言いくるめられてしまう可能性がありますので、コミュニケーション能力や注意力も必要になってきます。

高望みをする場合、こういった交渉力が必要になってくるケースも多々あるでしょう。

さらに、稀ではありますが、複数の買取業者を相手にすることになりますので、ダブルブッキングなどのトラブルになったり、売り手側に申告ミスなどがあると、売買契約の成立後でも査定額の変更など面倒な処理に巻き込まれる可能性もあります。

車下取りのメリットって?

買取に比べて、非常に利便性が良いのは大きなメリットです。
新車の購入に合わせているので、納車と引き取りのタイミングの調節も気にする必要がありません。
入れ替わる形式で取引が成されるため、面倒はないでしょう。

状況や販売店によっては代車の手配もしてくれるので、サービスや待遇面でも優れていると言えます。

さらに、車の購入とセットの形式ですので、下取りの車の査定額があまり伸びなくても、購入する側の車をディスカウントすることで、調節をしてくれることもありますので、交渉の余地はこちらに依存することになります。

それに、車種や年式、走行距離に関わらずに車自体に値段がつけてもらえるのも嬉しいポイントではあります。
前述したように、手間や時間をかけずに、現金の持ち出しを少なくしたい人には向いている方法と言えます。

車下取りのデメリットって?

下取りの金額は一般的にではありますが、買取業社の買取価格よりも低く設定されていることが多く、しかし状況から提示された価格に納得せざる負えない場面が想像されます。

それに提示された金額から基本的には動くことがないので、新車の方の値引きの価格交渉の方に余地を委ねるしか無いことが多いです。

さらに他のメーカーの車だったりすると、カーナビやカーステレオ、メーカーオプションやディーラーオプションは基本的には全て査定に含まれることはなく、やはり買取価格は伸びづらくなっていきます。

メーカーごとに相性がありますのでそういった業界のセオリーに巻き込まれると自分の車の価格が低く見積もられる恐れもあります。

そして、これも下取りのよくある話として、まず最初にオートオークションのスタート価格を提示されることが多く、納得してしまうとその金額のまま話が進んでしまうので注意してその都度見積もりの説明を求めるようにしましょう。

最後に

ここまで車買取と下取りのメリット・デメリットとは?、ということでまとめてきましたが、参考になりましたでしょうか?

このように買取も下取りもそれぞれにメリットデメリットがありますので、自分で納得ができるような方法を慎重に選ぶことが必要になると思います。

しかし、最近は買取価格が重視される傾向がありますので、その際は一括査定の専用サイトを利用することで効率的に自家用車の相見積もりを取ることができるため、大変おすすめです。

また、まだ時間に余裕がある方は行きつけの販売店や購入予定のディーラーなどで代車としての交渉をしてみてもいいかもしれません。

そうすることで、納得して次の車を探せますし、購入してからのミスマッチも随分と減るはずです。
どちらにしても、自分の意思をしっかりと持つことで、営業さんの話術に流されることなく、自分や家庭環境にあったベストな判断を下すことができるでしょう。

それぞれのメリット、デメリットを理解し、特性を活かしてみて下さい。

 

関連記事:車一括査定ランキング

 

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

評価データグラフ

評価した人:(0)人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

車一括査定サイト、お申込数ランキング

一番買取業者を探せる「カーセンサー」で、自分で業者を選択するのが一番おすすめです。 また、カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いですが、その分車をより高く買い取ってくれる買取業者をよりマッチングしてくれます。

1位 カーセンサー

入力時間 約3分
利用者数 12万人
最大査定依頼数 30社
提携買取業者数 1,000社以上
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】提携買取業者数がNo.1の1,000社以上 ・中古車で有名なカーセンサー。知名度抜群で安心 ・エリアによっては、最大30社に一括で見積もり依頼が可能 ・複数の見積もり価格から愛車の相場がすぐにわかり、高い査定額の会社に売却可能 ・メール連絡希望や電話時間指定が可能
【お申し込みはこちらから】
愛車無料査定も『カーセンサーNet』

申し込みの流れはこちらから

2位 ユーカーパック

入力時間 30秒
査定回数 提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
入札の最大買取業者数 1,000社
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】 ・情報を入力すると概算価格が表示される ・買取店からの連絡はなく、電話があるのはユーカーパックのみ ・査定は提携しているガソリンスタンドか査定専門の業者のみから。その情報を見て最大1,000社の買取店が入札 ・対応エリアはほぼ全国対応
【お申し込みはこちらから】
Ucar査定

申し込みの流れはこちらから

3位 ズバット車買取

入力時間 1
利用者数 20万人
最大査定依頼数 10社
提携買取業者数 約220社
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】 査定までのスムーズは、No1!初めての方でも、簡単に査定依頼が出来ます。査定は最大30社に依頼することができるので、高額査定が見込めます。
【お申し込みはこちらから】
最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

申し込みの流れはこちらから

位 かんたん車査定ガイド

入力時間 約1分
利用者数 35万人
最大査定依頼数 10社
提携買取業者数 55社
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】 ・かんたん車査定ガイドでは、実際の取引額に基づいて算出した概算価格をすぐに提示 ・最大10社へ無料見積り依頼が出来る ・有名企業が査定 ・今現在、高く売れる車が一目で分かる ・査定業者が少ない
【お申し込みはこちらから】
かんたん車査定ガイド

申し込みの流れはこちらから

5位 カービュー

入力時間 約1分
利用者数 15万人
最大査定依頼数 10社
提携買取業者数 212社
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】累計利用者数がNo.1の390万人以上 ・車一括査定では唯一T-UPと提携 ・申し込み前に、査定業者を選択可能
【お申し込みはこちらから】
カービュー

申し込みの流れはこちらから

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket