車査定博士 | 中古車を一括買取査定・売却。

中古車を一括買取査定・売却するなら、「中古車一括見積り、査定サイト」を利用しましょう。ご自身の車を複数の業者の中で一番高い値段で買い取ってくれます!

車売却までに必要な資料や準備は何?

よくある質問 更新日:

今回は車売却までに必要な資料や準備は何?、ということで、車の売却時に必要な書類をまとめて紹介しますので、これから車の売却を考えている方の参考にしていただければと思います。

まずは、車の売却の際にどういった方法を取るかによるのですが、愛車はできるだけ高額で引き取って欲しいというのが本音だと思いますので、今回は車一括査定サイトを利用したという過程で売却の流れをまとめてみたいと思います。
とはいえ、車の売却に必要な書類などはどう言った手順でも変わらないので、下取りの方なども参考にしてくださいね。

まず、一括査定での売却の一般的な流れは、
・車一括査定サイトへの申し込み
・買取業者による出張査定
・売却用の書類にサイン
・車両の引き渡し
・指定の口座に査定額が振り込まれて取引完了
と、なります。

ここから、売却時に必要な書類をまとめて紹介していくのですが、査定の前段階で相場のリサーチや外してしまったオプションパーツを探しておいたり、説明書やスペアキーの捜索、車内のできる限りの清掃はしておいたほうが良いでしょう。
いざ査定の時に慌てることの無いように、こういった準備も書類と一緒に進めておくと、査定額が多少上積みされることもありますので、頑張って準備していきましょう。

車検証

車が保安基準を満たしていることを証明している重要な書類です。
車内に常備することが決まりになっているので、車検が終わった後は必ず車内のどこかにありますので探してみてください。
また、車検証の所有者と使用者の欄が自分の名義になっていないと自由にその車を売買することができませんので必ず確認してみてください。
もし所有者や使用者の欄が別人だった場合、その方の印鑑証明書、委任状、譲渡証明書などの書類が追加で必要になってきます。
その他によくある話として、所有者がローン会社になっているケースがありますので、その際は残りのローンを完済して、ローン会社に連絡を行ってください。
窓口での対応で、所有権の解除手続きが行われますので、晴れてその車の所有権が自分に移ることになります。

自動車納税証明書

毎年5月に届く自動車税を納付したことを証明する書類です。
支払い後はほとんどの人は車検証と一緒に保管していると思いますので、今年度の分があるか確認してみましょう。
また、納税証明書を紛失してしまった場合は、お住いの県税事務所か陸運局の自動車税管理事務所にて無料で再発行してくれますので、問い合わせして手続き後、再発行をしてもらいましょう。

自賠責保険証

あらゆる乗り物の使用者が必ず確実に加入しなければいけない強制的な保険です。
一般的には車検証と一緒にしている人が多いので、合わせて確認してみましょう。
もし、車検証と一緒に保管されておらず発見が困難な場合、加入した保険会社で無料で再発行してもらえますので、問い合わせ、手続きを踏んで再発行しましょう。

リサイクル券

車を購入した際にリサイクル料を支払ったことを証明する書類です。
やはり無くさないように車検証と一緒に保管している人が多いので確認しましょう。
車検証と一緒に保管されておらず、見つからない場合は自動車リサイクルシステムのサイトから必要事項を打ち込んだ後に、自動車リサイクル料金の預託状況を印刷することで、そのままその紙がリサイクル券の代わりとして扱われますので、紛失の際はこちらの手順を踏んでご自身で発行してみてください。

印鑑証明書(実印)

捺印した印鑑を実印だと証明する書類になります。
車を売却する際には、所有者の発行後3ヶ月以内の印鑑証明書が必要になります。
購入の際も一通必要になってくるので、買い替えの方は一緒に二通発行しておきましょう。
基本的には市区町村の役場で発行してもらえますが、自治体によっては自動発行機もありますので、都合の良い方で発行しましょう。

住民票

こちらの書類は車検証と印鑑証明証に記載された住所が異なる場合に必要になる書類です。
よくある話として、車を購入してから引っ越しをしているのに、車検証の方の住所が変更していないケースが挙げられます。
一回の引越しだと住民票だけで済むのですが、二回以上の引越し、住所変更がある場合は、住民票の附票が必要になります。
やはりお住いの市区町村の役場で発行してもらいましょう。

戸籍謄本

こちらの書類は、結婚をされたりなどで車検証と印鑑証明証に記載されている名字が異なる場合に必要になる書類です。
やはり住民票などと一緒で、お住いの市区町村の役場の窓口にて発行してもらいましょう。

委任状

車の名義変更の手続きを業者に代行してもらうために必要になってくる書類です。
自分で手続きをすると面倒ですが費用も浮くので、最近では自分で手続きをされる方もいらっしゃいますが、通常は業者に頼むのが一般的です。
こちらの書類は業者が用意してくれますが、売り手の実印が必要になってきますので準備しましょう。

譲渡証明証

こちらも業者が用意してくれる書類で通常は売り手は実印を持っていくだけで事足りてしまいます。
個人売買される方はインターネットでフォーマットがダウンロードできますので、自分でプリントアウトすることになります。

振り込み口座情報

査定で出た金額が実際に振り込まれる売り手の口座情報は、必ず必要になります。
振り込み先のメモなどではなく、必ず口座の通帳と、口座開設に当たって使用した印鑑も持参して売買契約に臨みましょう。
支店番号や金融機関コードが要求されても通帳があれば安心です。

これらの他には、なくても査定や手続きには問題無いが、あると査定で有利に働く者として、整備手帳、取扱説明書、スペアキー、純正のオプションパーツなどが
挙げられますので、用意できる方は事前に準備していくことにしましょう。

最後に

ここまで車売却までに必要な資料や準備は何?、ということでまとめてきましたが参考になりましたでしょうか。
車の買取査定のコツとしては、事前準備が大切だということは前述した通りです。
自分の車の相場のチェックの後に、清掃や簡単な補修、付属品集めと同時進行でこれらの書類を不備なく準備するようにしましょう。

準備が出来たら↓チェックして見ましょう!

車一括査定サイト、オススメランキング

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

評価データグラフ

評価した人:(0)人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

車一括査定サイト、お申込数ランキング

一番買取業者を探せる「カーセンサー」で、自分で業者を選択するのが一番おすすめです。 また、カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いですが、その分車をより高く買い取ってくれる買取業者をよりマッチングしてくれます。

1位 カーセンサー

入力時間 約3分
利用者数 12万人
最大査定依頼数 30社
提携買取業者数 1,000社以上
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】提携買取業者数がNo.1の1,000社以上 ・中古車で有名なカーセンサー。知名度抜群で安心 ・エリアによっては、最大30社に一括で見積もり依頼が可能 ・複数の見積もり価格から愛車の相場がすぐにわかり、高い査定額の会社に売却可能 ・メール連絡希望や電話時間指定が可能
【お申し込みはこちらから】
愛車無料査定も『カーセンサーNet』

申し込みの流れはこちらから

2位 ユーカーパック

入力時間 30秒
査定回数 提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
入札の最大買取業者数 1,000社
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】 ・情報を入力すると概算価格が表示される ・買取店からの連絡はなく、電話があるのはユーカーパックのみ ・査定は提携しているガソリンスタンドか査定専門の業者のみから。その情報を見て最大1,000社の買取店が入札 ・対応エリアはほぼ全国対応
【お申し込みはこちらから】
Ucar査定

申し込みの流れはこちらから

3位 ズバット車買取

入力時間 1
利用者数 20万人
最大査定依頼数 10社
提携買取業者数 約220社
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】 査定までのスムーズは、No1!初めての方でも、簡単に査定依頼が出来ます。査定は最大30社に依頼することができるので、高額査定が見込めます。
【お申し込みはこちらから】
最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

申し込みの流れはこちらから

位 かんたん車査定ガイド

入力時間 約1分
利用者数 35万人
最大査定依頼数 10社
提携買取業者数 55社
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】 ・かんたん車査定ガイドでは、実際の取引額に基づいて算出した概算価格をすぐに提示 ・最大10社へ無料見積り依頼が出来る ・有名企業が査定 ・今現在、高く売れる車が一目で分かる ・査定業者が少ない
【お申し込みはこちらから】
かんたん車査定ガイド

申し込みの流れはこちらから

5位 カービュー

入力時間 約1分
利用者数 15万人
最大査定依頼数 10社
提携買取業者数 212社
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】累計利用者数がNo.1の390万人以上 ・車一括査定では唯一T-UPと提携 ・申し込み前に、査定業者を選択可能
【お申し込みはこちらから】
カービュー

申し込みの流れはこちらから

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket