車査定博士 | 中古車を一括買取査定・売却。

中古車を一括買取査定・売却するなら、「中古車一括見積り、査定サイト」を利用しましょう。ご自身の車を複数の業者の中で一番高い値段で買い取ってくれます!

車査定に必須!車下取りの交渉術を身につけとこう!

基礎知識 更新日:

今回は、車査定に必須!車下取りの交渉術とは、ということでこれから中古車を買取に出そうとしている方のために、査定のコツから売買契約の交渉までポイントになる部分を項目ごとにまとめましたので、参考にしていただければと思います。

そもそも、日本人は一般的に車の買取の際に価格交渉をする文化がありません。
実は車の買取業というのは厳密に価格交渉していくと、利ざやを取る部分がほとんどなく、車両の買取ビジネスが成り立たなくなってしまうのです。
海外の多くの国に車両の買取ビジネスが存在しないのはその理由になっています。
お金に関して細かく言わない、日本人の美徳意識が成り立たせている職業の一つが車両の買取業と言えます。
そこで今回は、少しでも車両の買取価格を上げたい人のために交渉に役立つポイントをまとめてみましたので、ぜひご覧になってください。

できる範囲での清掃はきっちりとしてみる

車の清掃自体は買取業者が売買契約を成立させた後に、車専門の清掃業者に清掃の依頼を出して、綺麗になった段階で売りに出すことがほとんどです。
この流れだけを見ると、一見売却時の清掃は無意味なものに思えてきます。
実際、車の清掃は査定に影響がないとアナウンスする買取業者もいるほどです。
では、なぜ車のできる範囲での清掃を推奨するのか?
それは、査定士の第一印象はそのまま他の部品やパーツへの印象に直結するからです。
車内や外装がひどい汚れでも気にしないで乗車しているオーナーが、定期的に車両のメンテナンスをするでしょうか?
推奨の時期にオイルを換え、バッテリーを適正の電圧に保つでしょうか?
そういった定期的な車両のケアは整備士や査定士が非常に大切にしている項目で、車両の見えない駆動部分に顕著に影響が現れます。
できる範囲の清掃で、しっかりと車両のメンテナンスに気を遣っているオーナーを演じることができて、車両の状態に問題がなければ自ずと査定価格に好影響が現れます。
こういった理由から、車両の自身での清掃は査定に非常に有効に働きますので、ぜひ愛車に労いの気持ちも込めて査定前の清掃を頑張りましょう。
とはいえ、いつも以上に張り切る必要ななく、普段通りのコイン洗車をして、車内に掃除機をかけて拭き上げるなど、できることを地道にしていきましょう。
それだけで有利に査定が運べるはずです。

できる限り臭いは除去するようにする

前オーナーが喫煙者かどうかというのは、中古車に限らずあらゆる中古物の査定ポイントになります。
また、ペットを飼っていて頻繁に車に乗せていた場合、ペットの臭いも査定のポイントになります。
喫煙者もペットの飼い主も、自分の生活臭にはなかなか気付くことができないものです。
しかし、他人である査定士はその臭いを敏感に感じ取ります。
少なくとも売却の数ヶ月前までには消臭を意識して、臭いの元になるような行動は避けるようにしましょう。
ちなみに芳香剤や香水でごまかそうとするのは逆に査定を下げる結果にもつながりますので、基本的な換気が一番重要になります。

次に乗る車が決まっていないのならなるべく店舗に出向く

下取りの交渉に関して、販売店の営業さんとコミュニケーションを取っておくことは非常に重要になります。
顔見知りだからこそ、声をかけてもらえるサービスも多数存在しますので、面倒でもできる限り営業店舗に顔を出しておくことをオススメします。
また、近々になってから急いで購入車種を探していると、足元を見られたような営業をされてしまう恐れもあります。
そういった理由から、交渉に役立つ、値引きのお願いがしやすくなるだけでなく、販売店の在庫状況や対応なども事前に知っていた方が購入、下取り時に安心です。

改造した箇所の正規品があると査定額が上がる

基本的に下取り査定は、純正品で程度がいいものが一番評価されやすいです。
純正品よりもスペックの高いパーツでも、次のオーナーの嗜好に合うかどうかは賭けになってしまうためです。
なので、高スペックのパーツを純正品に戻せるのであれば、下取りの査定も上がる可能性があるのに加え、チューンナップしていたパーツも交渉次第で高額買取もしてもらえるかもしれません。
信頼できる買取業者に、事前にどちらの方が査定が伸びるのかを確認してみてもいいかもしれません。

買取も含めて検討している体を装う

下取りや車の売却の基本は、自分の車の現在の相場を知ることです。
また、相見積もりを取っておくことで、下取りと買取を天秤にかけて交渉することもできます。
しかし、基本的には下取りより買取価格の方が査定での評価はされやすいので、どちらからも見積もりをもらってあまりにも買取の方が条件がいいようでしたら、総合的に売却の判断をしてみた方がいいかもしれません。

査定に出す場合はチェーン店ではないほうが無難

下取りとの比較などで見積もりが欲しい時は、大手のチェーン店は避けた方が無難です。
大手チェーンは認知度や来客数の多さから、なかなか強気な見積もりを出してくることが多いからです。
値段を他社より下げなくても利用者が多い店舗は、高額査定をする必要がないのです。

車の一括査定は必ず利用する

査定見積もりの比較に非常に便利なのが、車の無料一括査定サイトのサービスになります。
今ではスマートフォンで自車の情報を入れるだけで、複数社からの概算見積もりがすぐにもらえますので、利用しない手はないでしょう。
実際に車種やメーカーによって得意不得意が買取業社にはあります。
複数社の相見積もりを取ることは、車を出来るだけ高く売却、下取りしたい人にとっては、是非とも利用して欲しいサービスです。

売却や下取りは時期も大切

環境や状況が許すのであれば、車を手放す時期も非常に重要で、中古車市場が活発に動きだす春先や夏のボーナス後の前の月あたりが売却の狙い目になります。
春先は、決算シーズンや転勤などで環境が変わる人が多く、社用車や自家用車が大量に売れます。
夏のボーナス後は、それを頭金にしての行楽シーズンへ向けての車の需要が高まります。
これらを踏まえて中古車市場の需要と供給を考えると、同じ車でも高額査定が狙えるかもしれません。

段階的に購入する車の値引きを交渉する

車の下取りの際の交渉術として、まず最初に思い浮かぶのが売却車両自体の値段。
その次に、購入する車の値下げが挙げられます。
そこまで重ねた交渉の末に、営業さんにもう限界まで下げました、と言われてから、その購入する車についているオプションの値下げの交渉に入りましょう。
車の車両価格が引けないのであれば、営業店のオプション値引きの頑張りを見せて欲しいと暗に示すのです。
ここまで交渉するのには何度も営業店舗に足を運ぶことになりますが、大きい買い物なので、頑張った先には段階的な値引きが見えてくるかもしれません。

家族には同伴してもらう機会を作る

配偶者や恋人などを連れて行くと、流されそうな状況に待ったをかけてくれます。
また、自分では気づけなかった問題点などに気付ける可能性も増えるので、一人で営業店に出かけて行って、即契約というのは絶対にやめましょう。

最後の一押しは意外に有効

こちらも交渉術としてはなかなか有効で、売買契約の時のハンコを押す瞬間に、端数を切ってくれたら気持ち良くハンコが押せるのだけれど、と冗談めかして言ってみましょう。
かなり踏み込んだテクニックですが、20000円から30000円が一言で削れるので効果的です。

雰囲気や対話での表情はクールで平常心

交渉に一生懸命になりすぎると、面倒なお客さんになりがちです。
基本的に営業さんと仲良くならないと、値引きの交渉は途中で頭打ちになりますので、平常心を保って営業さんと仲良くなれるように努力しましょう。
値引き交渉や高額査定交渉は段階的な作業です。
いい人間関係の構築が、納得のいく下取り査定にいい影響を与えるはずです。

最後に

ここまで、車査定に必須!車下取りの交渉術とは、ということでまとめてきましたが参考になりましたでしょうか?
買取査定においては、売り手はお客でありつつも、金銭を受け取るために販売者の立場でもあります。
必要以上に下手に出る必要性はありませんが、最低限のマナーを守って、お互いに気持ちのよい交渉にできるように頑張りましょう。
基本的には、訪問査定などでも営業トークに先手を取られないように、買取の値段が良ければ売却を検討したい、くらいのスタンスで連絡や対話をすることが非常に重要なので、なるべく高い査定額を引き出すために意識しておくといいでしょう。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

評価データグラフ

評価した人:(0)人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

車一括査定サイト、お申込数ランキング

一番買取業者を探せる「カーセンサー」で、自分で業者を選択するのが一番おすすめです。 また、カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いですが、その分車をより高く買い取ってくれる買取業者をよりマッチングしてくれます。

1位 カーセンサー

入力時間 約3分
利用者数 12万人
最大査定依頼数 30社
提携買取業者数 1,000社以上
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】提携買取業者数がNo.1の1,000社以上 ・中古車で有名なカーセンサー。知名度抜群で安心 ・エリアによっては、最大30社に一括で見積もり依頼が可能 ・複数の見積もり価格から愛車の相場がすぐにわかり、高い査定額の会社に売却可能 ・メール連絡希望や電話時間指定が可能
【お申し込みはこちらから】
愛車無料査定も『カーセンサーNet』

申し込みの流れはこちらから

2位 ユーカーパック

入力時間 30秒
査定回数 提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
入札の最大買取業者数 1,000社
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】 ・情報を入力すると概算価格が表示される ・買取店からの連絡はなく、電話があるのはユーカーパックのみ ・査定は提携しているガソリンスタンドか査定専門の業者のみから。その情報を見て最大1,000社の買取店が入札 ・対応エリアはほぼ全国対応
【お申し込みはこちらから】
Ucar査定

申し込みの流れはこちらから

3位 ズバット車買取

入力時間 1
利用者数 20万人
最大査定依頼数 10社
提携買取業者数 約220社
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】 査定までのスムーズは、No1!初めての方でも、簡単に査定依頼が出来ます。査定は最大30社に依頼することができるので、高額査定が見込めます。
【お申し込みはこちらから】
最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

申し込みの流れはこちらから

位 かんたん車査定ガイド

入力時間 約1分
利用者数 35万人
最大査定依頼数 10社
提携買取業者数 55社
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】 ・かんたん車査定ガイドでは、実際の取引額に基づいて算出した概算価格をすぐに提示 ・最大10社へ無料見積り依頼が出来る ・有名企業が査定 ・今現在、高く売れる車が一目で分かる ・査定業者が少ない
【お申し込みはこちらから】
かんたん車査定ガイド

申し込みの流れはこちらから

5位 カービュー

入力時間 約1分
利用者数 15万人
最大査定依頼数 10社
提携買取業者数 212社
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】累計利用者数がNo.1の390万人以上 ・車一括査定では唯一T-UPと提携 ・申し込み前に、査定業者を選択可能
【お申し込みはこちらから】
カービュー

申し込みの流れはこちらから

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket