車査定博士 | 中古車を一括買取査定・売却。

中古車を一括買取査定・売却するなら、「中古車一括見積り、査定サイト」を利用しましょう。ご自身の車を複数の業者の中で一番高い値段で買い取ってくれます!

売却前には必ず!車査定前のお掃除はどこまで行うべき?

よくある質問 更新日:




今回は、車査定前のお掃除どこまで行うべき?、ということでこれから自分の車を査定に出す際に、どの程度の清掃が必要なのかをまとめましたので、愛車の査定の前に気になっている方の参考になればと思います。

車の下取りや買取査定の前の洗車や車内清掃はどの程度したらいいのか、迷いどころですよね。
もちろんピカピカなのがいいのは当たり前ですが、査定に影響がない無駄な努力は避けたいところです。

普段そこまで気を使って車内清掃もしていないし、そもそも掃除することで査定額が上がるのだろうか?
と、思っている方も多いと思います。

結論から言えば、車の掃除が査定額に直接影響を与えることは稀です。

基本的にはどれだけ綺麗に清掃を行っても、ポイントにはならないと販売店では言われています。
理由は、下取りや買取をした後に、中古車は業者によって丁寧に清掃をされるからです。
それなら、清掃をするだけ無駄じゃないか?と思われるのも当然ですが、実はそんなこともありません。

記述したように、事前清掃は一般的な査定額には直接影響はしませんが、結局現物査定をするのは鑑定士とはいえ、生身の人間であるので、最初の見た目の印象が無意識化や知らない間に査定の対象になっている可能性は大いにあるからです。

また、査定されるのは車ですが、その車の扱われ方として裏でポイントとして扱われるのは、所有者の人間性なのです。

あまりに査定した車が汚いと、鑑定士は、このオーナーは適当な人そうだから、きっと車のメンテナンスもろくにしていないに違いない。買い取ってから車体内部関連で面倒が起こりそうだ。買取価格は低めに設定しよう。といった流れになることは想像するに難しくありません。
こういったことも踏まえて、できる範囲でやはり掃除や洗車はしておくべきなのです。

それでは、ここから項目ごとに車を掃除するポイントや、用意するべき掃除用具、部分別の掃除方法を経てそれでもあまりに汚れた箇所があり、業者に頼んでしまおうと考える人のために、車のサイズ別に業者清掃の相場をまとめましたので参考にしてみてください。

第一印象はボディが大切

外装が綺麗かどうかは、査定の中でも重要項目に位置付けられます。
日頃から洗車をこまめにやる人や、ワックスがけをしている人はアドバンテージがあると言えるでしょう。
特別難しい清掃でなくとも、コイン洗車をした後に拭き上げを行うだけでも印象はかなりよくなるので、査定の前には最低でも普段の洗車をしておきましょう。

第二の印象はシートを始めとする内装

最初にシート、次にフロアマットが重要項目です。
ダッシュボード付近の細かいキズや汚れなども、査定の基準になりますので、できることなら落ちる汚れは落としておきたいところです。
シートのシミやタバコの焦げなどは大きい減点ポイントになりますので覚悟をしておいた方がいいでしょう。

実際に車の清掃に当たって必要な道具

簡単に自分で掃除と言っても、何を使ってどのように清掃すればいいのかわからない方もいるかと思います。
ここでは、道具を使った査定に有効な愛車の清掃方法を記述しておきます。

・掃除機

シートやフロアの内装部分で使用します。
スチームクリーナーであれば、程度の浅いシミなどは落とせるかもしれません。

・バケツ

スポンジと共に外装の洗車に使います。
カーシャンプーがあれば尚良いでしょう。

・タオル

拭き上げに使用します。
セーム革が流通品としては多いですが、最近ではマイクロファイバーのものが評判が良いです。

・洗剤

シートの汚れ落としに使えます。
布製と革製では洗剤の種類が変わりますので、注意して選ぶようにしましょう。

・コンパウンド

外装の浅いキズを消すのに使用します。
ドアのノブ付近や鍵穴付近の細かい傷は消せる可能性が高く、査定にも高評価なのでできれば試してみましょう。
ただし使用方法を間違えるとキズが却って目立ってしまうので注意が必要です。

車の部分別の清掃方法

・ボディの汚れについて

まずは自宅での水道やコイン洗車を利用して大きな外装の汚れを落とします。
その後、乾いたタオルで拭き上げて水滴を丁寧に除去します。
ホコリやサビが付いていないことを確認したら、コンパウンドやタッチペンでボディの細かいキズを目立たなくしていきましょう。
タイヤやホイールの査定のポイントになりますので、ついでにクリーナーを使用して綺麗にしておきましょう。

・シートの汚れについて

直接洗剤をかけてこするのはNGなので、タオルや雑巾に染み込ませてから使用しましょう。
強力なシミに関してはクエン酸が有効ですので、お持ちでしたらスチームクリーナーと一緒に使用すると驚くほど綺麗になります。

・ダッシュボード周りの汚れについて

基本的には水雑巾で拭き上げ作業です。
中性洗剤を使用すると大抵の汚れは落ちますので、試してみましょう。

・フロアマットの汚れについて

やはりここでも中性洗剤が大活躍します。
ブラシと中性洗剤でゴシゴシ洗えば、ホコリたたきなどをしなくても乾かして十分綺麗になります。

・車内に残っている臭いについて

まずは売却まで消臭を心がけての生活が非常に重要になります。
喫煙者の方は、売買契約の成立までは車での喫煙は極力控えた方が良いでしょう。
また、芳香剤や香水の臭いでごまかそうとすることは逆に査定額を下げる要因になりますので、臭いの元を断つような行動が大切です。

ひどい汚れの時の最終手段、業者清掃の相場について

・車のサイズがSSサイズの場合

車種でいうと、ワゴンRなどの軽自動車になります。
価格としては30000円から40000円が相場になります。

・車のサイズがSサイズの場合

車種でいうところのフィットなどになります。
相場は40000円から45000円ほどだそうです。

・車のサイズがMサイズの場合

車種はキューブやプリウスなど。
価格は45000円から50000円ほどが相場です。

・車のサイズがLサイズの場合

車種でいうと、フォレスター、クラウンなど。
相場は50000円を超えます。

・車のサイズがLLサイズの場合

ステップワゴンやセレナなどのファミリーカーサイズ。
相場が60000円を超えてしまいます。

基本的には車体の体積に合わせてどんどん相場も上がっていく感覚です。
今後も長く乗られる方にはオススメの業者清掃ですが、これから査定に出す車の費用としては効果は少し薄いと言わざるを得ません。
査定項目では全体の汚れを見ていることは事実ですが、長年乗っていれば汚れ一つ無いことなどありませんので、そこまで神経質にならずにまずは気軽に査定してみることも大切なのかもしれません。

最後に

ここまで、車査定前のお掃除どこまで行うべき?、ということでまとめてきましたが参考になりましたでしょうか?
重ねてにはなりますが、最後に記述したカークリーニング業者の場合、あまりにひどい汚れでない限りは、クリーニング代のほうが高くついてしまうことが多いので、費用対効果を慎重に検討なさってください。

とにかく、洗車は査定額を上げるためのものではなく、査定額を下がることを予防する目的で行うことを念頭に置いてください。

車の査定は減点方式であるため、できるだけ綺麗な状態で査定額の減額を回避できます。

ここにまとめた記事を参考にして、最低限の清掃を行って気持ちのいい売買契約になるようにしてみてください。



LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

評価データグラフ

評価した人:(0)人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

車一括査定サイト、お申込数ランキング

一番買取業者を探せる「カーセンサー」で、自分で業者を選択するのが一番おすすめです。 また、カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いですが、その分車をより高く買い取ってくれる買取業者をよりマッチングしてくれます。

1位 カーセンサー

入力時間 約3分
利用者数 12万人
最大査定依頼数 30社
提携買取業者数 1,000社以上
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】提携買取業者数がNo.1の1,000社以上 ・中古車で有名なカーセンサー。知名度抜群で安心 ・エリアによっては、最大30社に一括で見積もり依頼が可能 ・複数の見積もり価格から愛車の相場がすぐにわかり、高い査定額の会社に売却可能 ・メール連絡希望や電話時間指定が可能
【お申し込みはこちらから】
愛車無料査定も『カーセンサーNet』

申し込みの流れはこちらから

2位 ユーカーパック

入力時間 30秒
査定回数 提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
入札の最大買取業者数 1,000社
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】 ・情報を入力すると概算価格が表示される ・買取店からの連絡はなく、電話があるのはユーカーパックのみ ・査定は提携しているガソリンスタンドか査定専門の業者のみから。その情報を見て最大1,000社の買取店が入札 ・対応エリアはほぼ全国対応
【お申し込みはこちらから】
Ucar査定

申し込みの流れはこちらから

3位 ズバット車買取

入力時間 1
利用者数 20万人
最大査定依頼数 10社
提携買取業者数 約220社
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】 査定までのスムーズは、No1!初めての方でも、簡単に査定依頼が出来ます。査定は最大30社に依頼することができるので、高額査定が見込めます。
【お申し込みはこちらから】
最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

申し込みの流れはこちらから

位 かんたん車査定ガイド

入力時間 約1分
利用者数 35万人
最大査定依頼数 10社
提携買取業者数 55社
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】 ・かんたん車査定ガイドでは、実際の取引額に基づいて算出した概算価格をすぐに提示 ・最大10社へ無料見積り依頼が出来る ・有名企業が査定 ・今現在、高く売れる車が一目で分かる ・査定業者が少ない
【お申し込みはこちらから】
かんたん車査定ガイド

申し込みの流れはこちらから

5位 カービュー

入力時間 約1分
利用者数 15万人
最大査定依頼数 10社
提携買取業者数 212社
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】累計利用者数がNo.1の390万人以上 ・車一括査定では唯一T-UPと提携 ・申し込み前に、査定業者を選択可能
【お申し込みはこちらから】
カービュー

申し込みの流れはこちらから

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket