車査定博士 | 中古車を一括買取査定・売却。

中古車を一括買取査定・売却するなら、「中古車一括見積り、査定サイト」を利用しましょう。ご自身の車を複数の業者の中で一番高い値段で買い取ってくれます!

車査定前に要確認!自動車税関連のまとめ記事

よくある質問 更新日:

今回は、車の売却に際しての税金についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

自動車税とは簡単に説明すると、自動車を所有している人に対してかかる税金を指します。
毎年4月1日の時点での所有者に対して5月中に1年分を一括で支払うのが一般的な支払い方です。
これは自動車を所有している人間の義務であるので、大方の社会人は一般常識として自動車税の存在を認識していると思います。

しかし、この一括で1年分の自動車税を払い込むシステムが車の売却の時に微妙な問題として浮かび上がってきます。
自分が乗っていない車の払いすぎた自動車税は戻ってくるべきなのではないか?

そう思う人がいて当然だと思います。

結論として言うと、戻ってくる場合もあるし、戻ってこない場合もあります。

しかし、自動車税の還付の知識を有していないと確実に払いすぎた自動車税は戻ってきませんので、自分の状況と照らし合わせながら今回の自動車税のまとめ記事をご覧ください。

基本的には自動車税は現金では戻ってこないということ

気になる自動車売却の際の、残っている自動車税の行方ですが、実は残っている自動車税の期間も中古車査定の項目ポイントになっています。
残っていればいるほど高額査定になりますので、評価はされてある程度還元はされますが、実際は現金では戻ってくることはありません。

大切なのは査定後に自動車税がどのように考慮されたか確認すること

上記の項目で説明した通り、査定には入ってくる可能性があるが現金では戻ってこない下取りや買取業者との交渉の場合、買い替えをした時期がたまたま自動車税を払ったばかりだったりすると、11ヶ月近くもの自動車税を無駄にしてしまった気分になるでしょう。
そういった時は、交渉や買取業者との交渉の際にどのように残った自動車税が査定されているか、詳しく聞いておくべきでしょう。
親切な業者ならば、丁寧に対応してくれるはずです。

自動車税が現金で戻ってくるのは自分での廃車手続きが必要なこと

しかし、自動車税が現金で還付される例があります。
それは自分で自家用車を廃車手続きした場合です。
自分の車の登録を抹消した翌月以降に還付される決まりになっています。
車の登録抹消の手続きは、運輸支局か自動車検査登録事務所で手続きを行ってくれます。
下取りや買取で値段がつかない時は税金還付のために自分で手続きしても良いかもしれません。

自分で廃車手続きをすることで、自賠責保険も重量税も返ってくること

これもあまり知られていませんが、自分で車の廃車手続きをすると、自動車税だけでなく、過払いになっている自賠責保険料や重量税も戻ってきます。

廃車を業者に依頼すると、払いすぎた税金は手続きの処理料や廃車費用で相殺されること

車を廃車にしたことがあるのに、税金の還付を受けたことが無い人は沢山いると思います。
そのような人は、きっとディーラーや買取業者に廃車の手続きを依頼したのではないでしょうか?
基本的に業者に廃車を依頼すると、手続きの手数料ということで自動車税の還付で相殺させられてしまうのです。

査定で車体に値段がつかなかった場合のこと

車の登録の抹消は実はそれほど難しい手続きでは無いので、自動車税が何ヶ月も残っているようでしたら、自分での廃車手続きをオススメします。
特に、査定で車体価格がつかなかった場合などはその旨を査定士に伝えて、自分で手続きを行って、自動車税と重量税と自賠責保険の還付を受けましょう。

軽自動車の自動車税はどうなのか?

残念ながら、自動車税の還付が受けられるのは普通自動車のみになっています。
軽自動車は実は月額ではなく年額での払い込み基準になっていますし、そもそも自動車税自体も安く設定されているためだということです。
ただ、軽自動車の自動車税の年額払い込みの利点として、4月2日以降に車を購入すれば、その年の自動車税は発生しないというメリットもあります。

仮に自動車税を未納状態だったら査定はどうなるのか?

その年の4月1日時点で運輸支局にて登録されている自動車を所有している者に払う義務のあるのが自動車税です。

早ければ4月上旬に、遅くとも5月上旬に自動車税納税書が登録している自宅宛に届きます。
これをもとに遅くとも5月中いっぱいには納税書に記されている分の自動車税を払い込まなくてはなりません。

車を売却するということは、車の名義を現在の所有者から次の所有者に移すということと同義です。

名義の変更は確実に行われる処理なので、そこで必要になってくる書類に自動車納税証明書がマストになります。

このような理由から、税金を滞納している車はそもそも売買できないため、査定すらも行うことができません。

自動車税をまだ納付していない場合は、滞納分を納付してから査定や売買契約に臨みましょう。

万が一、滞納したまま売買契約まで行ってしまった場合は、買取額から自動車税分を天引きされてしまいますし、恥ずかしい思いをすることになりますので、注意してください。

ちなみに売却時に必須書類になる自動車納税証明書を紛失してしまった方は、無料で再発行してもらえますので迅速に手続きを行ってください。

再発行は自動車税を納めた都道府県の税事務所、軽自動車の場合は自治体の役所で再発行できます。
いずれの場所にも再発行に必要な書類一式が揃っていますので、記入をして提出するだけで大丈夫です。

身分証明書と、印鑑は用意しておきましょう。

郵便での再発行も受け付けてくれていますので、各事務所、市役所のホームページなどから申請を行ってください。

最後に

参考になりましたでしょうか?
車の売却と自動車税の取り扱いに関しては、還元方法や確認方法や返還方法が業者によって変わることがほとんどで、しっかりと自分で確認しなくては払いすぎた自動車税に関しては戻ってこないと考えていた方がいいでしょう。

契約書をちゃんと確認したり、業者に根掘り葉掘り訪ねたりすることは骨が折れますが、確認しておいた方が確実に損が減らせます。

自動車税の還付については、対象の方がいらっしゃったら、しっかりと確認して、後悔のないような売買契約にしていきましょうね。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

評価データグラフ

評価した人:(0)人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

車一括査定サイト、お申込数ランキング

一番買取業者を探せる「カーセンサー」で、自分で業者を選択するのが一番おすすめです。 また、カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いですが、その分車をより高く買い取ってくれる買取業者をよりマッチングしてくれます。

1位 カーセンサー

入力時間 約3分
利用者数 12万人
最大査定依頼数 30社
提携買取業者数 1,000社以上
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】提携買取業者数がNo.1の1,000社以上 ・中古車で有名なカーセンサー。知名度抜群で安心 ・エリアによっては、最大30社に一括で見積もり依頼が可能 ・複数の見積もり価格から愛車の相場がすぐにわかり、高い査定額の会社に売却可能 ・メール連絡希望や電話時間指定が可能
【お申し込みはこちらから】
愛車無料査定も『カーセンサーNet』

申し込みの流れはこちらから

2位 ユーカーパック

入力時間 30秒
査定回数 提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
入札の最大買取業者数 1,000社
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】 ・情報を入力すると概算価格が表示される ・買取店からの連絡はなく、電話があるのはユーカーパックのみ ・査定は提携しているガソリンスタンドか査定専門の業者のみから。その情報を見て最大1,000社の買取店が入札 ・対応エリアはほぼ全国対応
【お申し込みはこちらから】
Ucar査定

申し込みの流れはこちらから

3位 ズバット車買取

入力時間 1
利用者数 20万人
最大査定依頼数 10社
提携買取業者数 約220社
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】 査定までのスムーズは、No1!初めての方でも、簡単に査定依頼が出来ます。査定は最大30社に依頼することができるので、高額査定が見込めます。
【お申し込みはこちらから】
最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

申し込みの流れはこちらから

位 かんたん車査定ガイド

入力時間 約1分
利用者数 35万人
最大査定依頼数 10社
提携買取業者数 55社
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】 ・かんたん車査定ガイドでは、実際の取引額に基づいて算出した概算価格をすぐに提示 ・最大10社へ無料見積り依頼が出来る ・有名企業が査定 ・今現在、高く売れる車が一目で分かる ・査定業者が少ない
【お申し込みはこちらから】
かんたん車査定ガイド

申し込みの流れはこちらから

5位 カービュー

入力時間 約1分
利用者数 15万人
最大査定依頼数 10社
提携買取業者数 212社
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】累計利用者数がNo.1の390万人以上 ・車一括査定では唯一T-UPと提携 ・申し込み前に、査定業者を選択可能
【お申し込みはこちらから】
カービュー

申し込みの流れはこちらから

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket