車査定博士 | 中古車を一括買取査定・売却。

中古車を一括買取査定・売却するなら、「中古車一括見積り、査定サイト」を利用しましょう。ご自身の車を複数の業者の中で一番高い値段で買い取ってくれます!

必見、中古の軽自動車が高額査定になるコツを詳しく説明します!

軽自動車 更新日:

軽自動車を売る時のポイント

新しい車を買いたいときや、引越し・転勤などで今乗っている車を手放さなくてはならないとき、走行自体にまだ問題がないのであれば、中古車として買い取ってもらえた方がお得ですし、嬉しいですよね。では、たとえば軽自動車を売ることを決めたとして、その販売価格の相場を知るためには、どのような手段があるでしょうか。
もちろん、自分でインターネット上を調べたり、中古車販売店に電話をかけたりして価格を調べることもできますが、おすすめなのは車の一括査定サイトを活用して、複数の中古車販売店に、車の買取価格を見積もってもらうという方法です。

軽自動車を高く売るためにまずは相場を知ろう

軽自動車に限ったことではありませんが、中古自動車の買い取り査定価格の相場を知るためには、複数の業者から見積もりをもらう必要があります。たまたま在庫がない車種の査定依頼が入ってくれば、査定価格は上がるはずですし、傷や使用感についてのマイナス金額も会社によってさまざまだからです。

でも、だからといって何店舗もお店を回って車を査定してもらうのは手間がかかって不便ですよね。そんなニーズに答えてくれるのが、車の一括査定サイトです。

お店まで車を持っていかなくても、車種や年式、走行距離などのフォーマットを埋めて送信するだけで、複数の買取専門店から査定価格を受け取ることができます。買取価格の相場が分かれば、いざ車を売るときにもいちばんメリットの大きい選択ができるはずですので、おすすめですよ。

買取店から提示される価格が、妥当かどうかという問題があるからです。

お店から提示される金額が少々低めな可能性

例えばある時に、あるお店で軽自動車の状態を確認してもらいました。その結果、軽自動車の査定価格は30万円と伝えられたとします。
それで問題は、30万という数字が妥当かどうかです。妥当でない可能性があります。本来なら40万円で売却できる筈なのに、お店の都合で低い金額が提示される場合があります。

妥当か否かが分かる相場の知識

ところが軽自動車に関する相場を知っていると、妥当性を判断できる事も多いです。
仮に軽自動車の売却相場が、42万円だとします。その場合は、上記のお店が提示している価格は、あまり妥当でないと判断できる訳です。明らかに相場よりも安い訳ですから、そこで売却してしまいますと、安く売る事になってしまいます。
逆に42万などでなく、25万であれば話は別です。この場合上記のお店は、相場よりも5万ほど高い金額を提示してくれています。ですから上記の30万のお店で売却するのも、一法と言えるでしょう。

 

軽自動車を手放す時に知っておくこと

地域格差と個体差で買い取り価格が異なることです。

「軽自動車は地域格差がない」

普通乗用車を手放す際、その車種を製造している自動車メーカーの本社工場がある地域の自動車買い取り店へ売却したほうが高額査定になることが多いです。と言っても、わざわざ手放す車の為に時間と費用を掛けて本社工場がある地域へ行く必要はなく、その買い取り店のチェーン店もしくは系列店に売却しても同程度の買い取りが期待できます。

普通乗用車の場合は、関東・東海・中国地方に本社工場があるため、それ以外の地方だけで営業している買い取り店で売却すると、満足する査定が受けられないこともあります。

軽自動車にも本社工場は存在しますが、軽自動車の場合はOEM(他社メーカーの車種を製造すること)が盛んに行われているため、地域による帰属意識が少なく、普通乗用車のように地域で買い取り査定に開きが生じるようなことは限定的です。

軽自動車を高く売るコツ

軽自動車も普通乗用車も共通していることは、走行歴・事故歴・メンテナンス歴が大きく査定に影響を及ぼします。走行歴が少ないほど故障するリスクは少なく、修理技術が優れた日本において事故車は心理的に敬遠、整備手帳から車検や修理などを設備環境が整ったディーラーで行っていると、ユーザーの為人が判断され高額査定に繋がります。

普通乗用車と軽自動車では、新車価格と中古車価格の開きが異なり、開きが少ないのは軽自動車です。

ただし注意することは、軽自動車の売却価格と店頭で売却する時の中古車価格とは異なることです。税金等が安い軽自動車は中古になってもニーズが高いですが、買い取り店に持っていくと元の新車価格が安いとの理由で買い叩かれることがあります。そのため、最も公平な買い取り価格を知ることが出来ると評判なのがネットを使った一括査定、一括査定では全国の買い取り店が査定に参加可能なため、地域格差は生じません。

軽自動車の購入を希望する方は、費用を抑えたいと考える方が多いため、オプションパーツは外さずに売却することも高額査定のコツ、パーツを外して傷跡が残ればマイナス査定になる恐れがあるため注意しましょう。

軽自動車に関する査定には、いくつかのコツがあります。アピールポイントをまとめておくと共に、交渉を行ってみるのが有効です。その際に、印象も大切なポイントになります。

アピールポイントをメモしておく

軽自動車の査定を受ける時には、買取店の担当者に対して、自分の車をアピールする事にはなるのです。アピール次第で、査定額が高まる事もよくあるからです。
このため査定を受ける前に、アピールポイントを整理しておくと便利です。メモ帳などにポイントを列記しておくと、交渉もスムーズになるでしょう。

価格に関する交渉をしてみる

それと価格に関する交渉を行ってみる手段があります。
買取店は、必ずしも妥当な金額を提示してくれるとは限りません。時には、自分が考えていたよりも安い金額が提示される事もあります。
しかし、それも交渉次第です。現にお店の担当者と金額交渉をしてみれば、売却額が引き上げられる事はよくあります。お店の担当者の目線などを考えて、交渉してみると良いでしょう。

印象を良くするのが大切

ただし交渉が成功するか否かも、担当者に対する印象次第なのです。買取店の担当者も人間ですから、印象によって査定額を決める事はよくあります。
このため担当者に対しては、良い印象を心がけるべきでしょう。査定前に車に対する掃除を丁寧に行っておくと、印象も良くなる傾向があります。

つまり軽自動車の査定に関するコツとしては、
・アピールポイント
・価格交渉
・良い印象
という3点があるのです。2つ目の交渉を成功させる為にも、1つ目と3つ目を心がけておくと良いでしょう。

軽自動車買取専門店は軽自動車の特性を正当に評価することが可能

医師免許を取得すると、外科・内科・産婦人科など診療科目に関わらず診察することが可能です。しかし、男性が腹痛になっても産婦人科へ行かないように、薄毛で悩んだ時に耳鼻咽喉科へ行かないように、患者が受診をする場合は適切な医療が受けられる専門医がいる病院ヘ行きます。

車でも同じこと、新車が欲しい場合は、購入後のメンテナンス・車検・修理などを考慮すると正規ディーラーで購入することが安心したカーライフを送ることが出来ます。

リーズナブルな車が欲しい場合は、宣伝費用や人件費などを抑えた個人が経営する中古車屋だと、購入後の費用も抑えることが可能です。

車は購入するだけでなく、いつかは買い替えなどで手離す時が来ます。手放す時も、全てのメーカーの全車種を扱うオールラウンダーな買取店もあれば、軽自動車買取専門店のように特化して買い取る店もあります。

「オールラウンダーな買取店」

オールラウンダーな買取店は、病院で例えると全ての診療科目に対応可能な総合病院です。売る車の特性を理解していない方であれば、オールラウンダーな買取店が無難です。ただし、評価は可もなく不可もなく、拘ったチューニングなどをしているとマイナス評価になる恐れがあります。

「軽自動車買取専門店」

軽自動車買取専門店は字のごとく、軽自動車に特化した買取店です。軽自動車は普通自動車と比べ耐久性に劣ると思われていますが、それは昔の話、世界に誇る日本の軽自動車はメンテナンスを怠らなければ、耐久性に問題が生じることはなく、多走行や事故歴があっても性能に支障は生じません。軽自動車の特性を理解している軽自動車買取専門店であれば、個体差を見抜くスキルを有しているため、拘ったチューニングやカスタムであっても正当に評価されることが期待できます。

店の看板等にオールラウンダーな買取店や軽自動車買取専門店と記されていれば分かり易いですが、実際は店名と業態が異なる場合もあります。ユーザーが店頭にわざわざ出向いて業態を調べるまでもなく、ネットの車一括査定サイトを利用すれば、ユーザーにとって都合の良い店を選ぶ事が出来て便利です。

軽自動車を売る際は書類を用意しよう!紛失した時の対処法も説明

軽自動車を売る際に、業者に渡さなければいけない書類がいくつかあります。必要な物と、失くした時の対処法を書いていくのでよければ読んで下さい。

売るのに必要な書類

自賠責保険証と車検証、納税証明書やリサイクル券、現在地に住むことを示す書類などが必要書類です。
車検証と自賠責保険証は2年に1回の車検をした時にもらえます。車のバックミラーの後ろに貼られているのが車検のシールです。

リサイクル券は、新車か中古の軽自動車を購入した直後にリサイクル費用を支払えば頂けます。
現住所に住むことを示すのは住民票と印鑑証明書です。どちらもプリンターでコピーした物を使えば問題ないです。

書類を紛失した時は

住民票と印鑑証明書、納税証明書などがない時は市役所に行けば対処できます。

リサイクル券を失くした、または中古で買って券がなかったとします。再発行は無理ですが、代わりとなる書類を自動車リサイクルシステムのサイトで印刷可能です。質問を検索する部分でリサイクル券と入力すれば簡単に解決します。

車検証は、紛失したことを陸運局に行って報告すれば再発行の手続きができます。手続きには印鑑と免許証、再交付申請書などが必要です。

自賠責保険証がない場合は、契約した所に連絡して聞くことになります。ただ、保険会社はいくつもあるのですぐには分からないかもしれません。その時は車を購入した店に聞けば教えてもらえます。保険会社が分かったら窓口に行き、再発行申請書を書いて印鑑を押し免許証を見せれば手続き終わりです。

軽自動車を売る時に必要な書類がないというのは、意外とありがちなことです。ですが、どれを紛失したとしても対処法はあるので心配しなくても大丈夫です。

最後に

ここまで、中古の軽自動車が高額査定になるコツということでまとめてきましたが参考になりましたでしょうか?

少しでも中古の軽自動車が高額で売却出来るように、是非確認しておきましょう。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

評価データグラフ

評価した人:(0)人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

車一括査定サイト、お申込数ランキング

一番買取業者を探せる「カーセンサー」で、自分で業者を選択するのが一番おすすめです。 また、カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いですが、その分車をより高く買い取ってくれる買取業者をよりマッチングしてくれます。

1位 カーセンサー

入力時間 約3分
利用者数 12万人
最大査定依頼数 30社
提携買取業者数 1,000社以上
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】提携買取業者数がNo.1の1,000社以上 ・中古車で有名なカーセンサー。知名度抜群で安心 ・エリアによっては、最大30社に一括で見積もり依頼が可能 ・複数の見積もり価格から愛車の相場がすぐにわかり、高い査定額の会社に売却可能 ・メール連絡希望や電話時間指定が可能
【お申し込みはこちらから】
愛車無料査定も『カーセンサーNet』

申し込みの流れはこちらから

2位 ユーカーパック

入力時間 30秒
査定回数 提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
入札の最大買取業者数 1,000社
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】 ・情報を入力すると概算価格が表示される ・買取店からの連絡はなく、電話があるのはユーカーパックのみ ・査定は提携しているガソリンスタンドか査定専門の業者のみから。その情報を見て最大1,000社の買取店が入札 ・対応エリアはほぼ全国対応
【お申し込みはこちらから】
Ucar査定

申し込みの流れはこちらから

3位 ズバット車買取

入力時間 1
利用者数 20万人
最大査定依頼数 10社
提携買取業者数 約220社
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】 査定までのスムーズは、No1!初めての方でも、簡単に査定依頼が出来ます。査定は最大30社に依頼することができるので、高額査定が見込めます。
【お申し込みはこちらから】
最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

申し込みの流れはこちらから

位 かんたん車査定ガイド

入力時間 約1分
利用者数 35万人
最大査定依頼数 10社
提携買取業者数 55社
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】 ・かんたん車査定ガイドでは、実際の取引額に基づいて算出した概算価格をすぐに提示 ・最大10社へ無料見積り依頼が出来る ・有名企業が査定 ・今現在、高く売れる車が一目で分かる ・査定業者が少ない
【お申し込みはこちらから】
かんたん車査定ガイド

申し込みの流れはこちらから

5位 カービュー

入力時間 約1分
利用者数 15万人
最大査定依頼数 10社
提携買取業者数 212社
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】累計利用者数がNo.1の390万人以上 ・車一括査定では唯一T-UPと提携 ・申し込み前に、査定業者を選択可能
【お申し込みはこちらから】
カービュー

申し込みの流れはこちらから

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket