車査定博士 | 中古車を一括買取査定・売却。

中古車を一括買取査定・売却するなら、「中古車一括見積り、査定サイト」を利用しましょう。ご自身の車を複数の業者の中で一番高い値段で買い取ってくれます!

車の売却の契約後、キャンセル出来ますか?

よくある質問 更新日:

今回は売却の契約後、キャンセルは可能?、ということで車の売買契約を交わした後のキャンセルについて詳しくまとめてみましたので、困っている方の参考になればと思います。

さて、車両の売却というものは普段使わないような大きな金額が動くため、契約自体に非常に神経を使ってしまうものです。
いつもの精神状態でいながら売買契約を交わすことができないために、売却後に後悔してしまって、簡単に契約を交わすんじゃなかった、と後になって考え込んでしまう方も居ると思います。

その思考の結果、売却契約を交わしてしまったけど、やっぱりキャンセルしたい!と、強く思った場合に具体的な疑問が出てくると思いますので、順番にまとめていきたいと思います。

 

・売却契約後の売り主によるキャンセルは果たして可能なのだろうか?

第一段階

「契約書を取り交わした状態。車も必要書類も出していない時点」

ダントツで一番キャンセルの多い時期です。
車両がユーザー側にある状況なのであれば、キャンセルできる可能性は高いです。
だからこそ買取店は一日でも早く車を預かろうとします。
金額が下がらないような措置ということもありますが、キャンセル防止という観点からもそういった対応の買取店は多いとおもいます。

第二段階

「車は渡してしまったが、必要書類はまだ渡していない状態」

車だけ渡してしまっている状態であっても、そこまで日にちが経っていなければ基本的にはキャンセル出来ます。

ただこの時点でのキャンセルは、まず買取店からはお客様扱いは受けられませんので、キャンセルを受け入れてくれたとしても自分で車を取りに行かなくてはなりません。

迷惑をかけているのはこちら側なので、できればお礼の品くらいは持って行った方がいいでしょう。
このケースの場合に厄介なのが、買取店が非常に素早い対応の場合です。

車を渡してすぐにオークション会場へ搬入するために陸送会社に車両が入ってしまっている可能性は十分に考えられます。

こうなってしまうと、自分の一本的な都合でのキャンセルになるわけですから、陸送費用の負担は避けようもありません。

途中で陸送を引き返させることも不可能ですので、目的地に着いた段階で取りに行くか、もしくは返送してもらうかの対応を協議して、その分の費用は丸々ユーザーの負担になるわけです。

第三段階

「車も必要書類も渡してしまっているが、入金はまだの状態」

大手の買取店でもこの辺の段階からキャンセル対応のハードルが非常に上がってきてしまいます。

規約の方に、車と必要書類を預かったらもう無理です、旨の記述がある会社が多いのも一因です。

ではキャンセルできるのかどうかと結論を言うと、その車両に対して買い手が決まっていないことが条件で、無理を言ってキャンセルすることは買取店によっては出来ます。

ただ、前述したような理由で、上手くキャンセルができたとしても費用の負担金が発生しないことは考えづらいので、実費分の負担は最低限覚悟をしておきましょう。

第四段階

「車も必要書類も渡してしまって、自分の口座に車両本体分の入金もされている状態」

ここまで来てキャンセルする人も珍しいと思いますが、実際買取店に頼み込んでみると以外とキャンセルを受け付けてくれる可能性があります。

その見込みに関しては、やはり買い手がまだ決まっていないというのが最低条件になります。

逆を言うと、買い手が見つかっていないのに断る理由として、買い手が見つかってしまった旨の説明をされる可能性がありますので、嘘と本音を見極める目が必要になります。

さらにいうと、書類がそろっていないとしても車両本体が買取店に渡ってしまうと、オークションに流してしまう可能性があります。
こうなってしまうと、キャンセル対応してもらえる可能性はほぼなくなると言っていいでしょう。

第五段階

「車両売却後、入金もされて日にちが経ってしまっている状態」

こうなってしまうと、ほぼ買い手がついてしまっているのでキャンセルは事実上不可能でしょう。

キャンセルできる可能性としては、オークションに流れた車両が長期在庫になっている状態でしたら、買取店は喜んでキャンセルに応じてくれるかもしれませんが、そもそも売れない値段でプロの買取店がオークションに出すとは思えませんので、望み薄です。

結局のところ、契約の規約に書いてあることを要約すると、

  • 車と必要書類を預かった時点で返せません。
  • お金を振り込んだらもう返せません。
  • 所有権の解除をした段階でもう返せません。
  • 車両をメンテナンスして売りに出す状態にしちゃったら返せません。

などなど、会社によって文言が違いますが、そう言った契約の解消に関するタイミングの記述が絶対に書いてあります。

基本的にマニュアル対応ですと、その時点でキャンセルには応じてもらえないのですが、頼んでみるとあっさりとキャンセル対応してくれる買取業者も多くあります。

結論を言ってしまえば、買取店は1人の顧客の車両一台のキャンセルにそこまで時間を取られたくないというのが本音です。

ただ、立場的には圧倒的にユーザー側に非がある状況ですので、キャンセルの申し出に関してはくれぐれも慎重にお願いする姿勢を忘れないようにしてください。

・違約金やキャンセル料などの金額はどの程度になるのだろうか?

キャンセル料金は売買契約書を見れば記述があるはずです。

車買取店ごとに細かい記述は異なりますが、基本的には、売却額と引き渡し日と、入金日などの詳細が書かれているはずです。
そして裏面にはキャンセルに関わる規定やキャンセル料の規約などの詳細が記述されているはずです。

もしキャンセル料が発生する旨が記載されている場合、残念ながらキャンセル料がかかってきてしまうことがほとんどです。

法律的にも売買契約の後の契約解消は、解消した方に責任があるとされ、提示されたキャンセル料が法外なものでなければ法律的にも請求には全く問題がありません。
ということで、基本的には売買契約の後のキャンセルに関しては、キャンセルによる手数料がかかってくると思っていて間違いはないでしょう。

しかし、前述したようにキャンセルの申し出のタイミングでかかってくる費用も違ってくるので、キャンセルを思い立ってしまったらできるだけ早めに買取店に申し出をすることが非常に大切になります。

実際に車買取店が入金や名義変更をするタイミングは、おおよそ3日〜7日程度ですから、その前に申し出ることができるかどうかが1つの大きなポイントになります。

仮に名義変更がなされてしまった後だと、もう自分自身に車両の所有権がないことが法的に成立してしまうので、諦めるしかない状態になってしまうことが多いです。

ただ、キャンセル規定も買取店によって様々ですので、ここで買取店によってどのようなキャンセル規定がアナウンスされているか記述していきます。

ただし、買取のキャンセルは正直ケースバイケースですので、あくまで目安程度に把握しておいてください。

・ガリバーの場合

無償キャンセル期間を過ぎた場合はキャンセルに応じることはできない。
売買契約は締結されており、契約書の裏面にその旨、規定項目に書かれている。
といった、非常にマニュアル通りの回答です。

・ビッグモーターの場合

お客様の同意を得てからの売買契約になりますので、売主様からの一歩的なキャンセルはできない。
二重契約や天秤にかけての売買契約は違法です。
とのことです。こちらも当たり前のマニュアル通りの回答ですね。

・カーセブンの場合

契約日からの起算ではなく、引き渡し日から7日間までキャンセルを受け付けます。
しかし引き渡しから7日目以降のキャンセルはいかなる理由があっても受け付けることができない。
と、いうことで、引き渡し日から一週間までだったらキャンセルできるそうです。
かなり寛容なキャンセル対応ですね。

・カーチスの場合

日数の規定は特になく、買い手が決まっていなければ基本的には売主都合のキャンセルにはできる限り応じます。
しかし、常識の範囲内でのキャンセル対応しかできないことと、あくまでも書面で契約を交わすことになりますので、もう売るぞ!というつもりで売買契約は行って欲しい。
とのことです。カーチスは業界では一番キャンセル対応には寛容な買取業者のようですね。

・アップルの場合

アップル本部に関しては明確に契約書に規定がありますが、基本的にアップルはフランチャイズ店舗によって細かい規定が違ってきます。
正確なことに関しては、お売りいただける最寄りのアップル店舗の担当者に相談していただけることだと思います。
ということで、アップルはフランチャイズ店舗ならではの回答を出しています。
店舗によってはかなりの日数までキャンセルに応じてくれる可能性がありそうですね。
その逆もまた然りですが・・・

・そもそも売買契約後に後悔しないためにはどうしたらいいのだろう?

当然のことながら、中途半端な気持ちでの車の売却は結果的に後悔を招いてしまうことが多いでしょう。
その場の雰囲気やノリで売買契約はしないようにしましょう。

それと、よくあるキャンセル理由の1つに家族からの反対があったというものがありますので、事前に家族内でよく話し合うことも非常に重要です。

結果的に家庭の事情でキャンセルをしなければならなくなっては、家庭内不和の原因にもなりかねませんので、特に奥様の方が家庭内の決裁権を持っている家庭は、くれぐれも用心しましょう。

最後に

ここまで、売却の契約後、キャンセルは可能?、ということでまとめてきましたが、参考になりましたでしょうか?

ここで記述したことをまとめ

  • そもそも売主都合の一歩的なキャンセルには、買取業者的には法的に応じる必要が無い
  • 仮にキャンセルできたとしても、キャンセル料金やその他実費に関してはユーザー負担であるということ
  • 買取業者によってキャンセルの条件や範囲が違うということと
  • そもそも売買契約の際にはちゃんと冷静になることが大切だということ

以上のことを参考にして頂き、是非一度冷静になってから愛車の売買契約に臨んで欲しいと思います。

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket

評価データグラフ

評価した人:(0)人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

車一括査定サイト、お申込数ランキング

一番買取業者を探せる「カーセンサー」で、自分で業者を選択するのが一番おすすめです。 また、カーセンサーは他サービスに比べて少し入力項目が多いですが、その分車をより高く買い取ってくれる買取業者をよりマッチングしてくれます。

1位 カーセンサー

入力時間 約3分
利用者数 12万人
最大査定依頼数 30社
提携買取業者数 1,000社以上
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】提携買取業者数がNo.1の1,000社以上 ・中古車で有名なカーセンサー。知名度抜群で安心 ・エリアによっては、最大30社に一括で見積もり依頼が可能 ・複数の見積もり価格から愛車の相場がすぐにわかり、高い査定額の会社に売却可能 ・メール連絡希望や電話時間指定が可能
【お申し込みはこちらから】
愛車無料査定も『カーセンサーNet』

申し込みの流れはこちらから

2位 ユーカーパック

入力時間 30秒
査定回数 提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ
入札の最大買取業者数 1,000社
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】 ・情報を入力すると概算価格が表示される ・買取店からの連絡はなく、電話があるのはユーカーパックのみ ・査定は提携しているガソリンスタンドか査定専門の業者のみから。その情報を見て最大1,000社の買取店が入札 ・対応エリアはほぼ全国対応
【お申し込みはこちらから】
Ucar査定

申し込みの流れはこちらから

3位 ズバット車買取

入力時間 1
利用者数 20万人
最大査定依頼数 10社
提携買取業者数 約220社
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】 査定までのスムーズは、No1!初めての方でも、簡単に査定依頼が出来ます。査定は最大30社に依頼することができるので、高額査定が見込めます。
【お申し込みはこちらから】
最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪

申し込みの流れはこちらから

位 かんたん車査定ガイド

入力時間 約1分
利用者数 35万人
最大査定依頼数 10社
提携買取業者数 55社
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】 ・かんたん車査定ガイドでは、実際の取引額に基づいて算出した概算価格をすぐに提示 ・最大10社へ無料見積り依頼が出来る ・有名企業が査定 ・今現在、高く売れる車が一目で分かる ・査定業者が少ない
【お申し込みはこちらから】
かんたん車査定ガイド

申し込みの流れはこちらから

5位 カービュー

入力時間 約1分
利用者数 15万人
最大査定依頼数 10社
提携買取業者数 212社
対応エリア 全国
利用料 無料
【詳細】累計利用者数がNo.1の390万人以上 ・車一括査定では唯一T-UPと提携 ・申し込み前に、査定業者を選択可能
【お申し込みはこちらから】
カービュー

申し込みの流れはこちらから

LINEで送る
[`evernote` not found]
Pocket